実録!驚きの36万円からの競売マンションらくらく獲得術

新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 

住まいの選択肢としてシェアハウスを選ぶ若者が増えています。敷金・礼金・仲介料・保証人不要で家具家電付き、引越しにお金もかからず生活コストをかけたくない若者に最適。地方から出てきた人にとっては仲間がすぐにできるのも魅力です。

サイトマップ

シェアハウスを始めるにはいくらかかる?

シェアハウスを始めるにあたって、計算しておくべきことはたくさんあります。



その中でも初期投資額は外せない項目でしょう。

どのような物件でどのようなシェアハウスを作るのかによっても初期投資額は大きく異なります。

すでに所有している物件をほとんど改装なしで始める場合は各部屋のエアコン・ベッド・机・リビングキッチンなどの共有スペースに置くインテリアや設備などを購入するだけで始めることができます。

これらを部屋数分と考えると、自ずと初期投資額がみえてきます。

6,7人の小規模シェアハウスで始める、全ての設備をリースやリサイクル品で揃えれば最低30万円ほどで始めることが可能でしょう。

ただ、入居者が集まる前に全ての備品を揃えるのはおすすめできません。

入居者によっては自分が今まで使っているものを使用したいという方もいるのです。

無駄なく効率的にすれば、初期投資額を抑えることができるでしょう。

リノベーション費用は物件価格の20%以内に収める

所有している物件があった場合でもリノベーションする必要があるため、それなりに費用がかかります。

そのリノベーションの度合いによって、費用はまちまちですが、通常一坪当たり20〜30万は必要とされています。

リノベーションしてシェアハウスを始めるメリットは新築で始めるよりも費用を抑えることが出来る点です。

あまりにこだわりすぎると、新築と変わらないほどの費用がかかってしまうため注意しておきましょう。

部屋数が4〜6という小規模の場合のリノベーション費用は300万円〜500万円というケースが多いようです。

シェアハウスのコーディネート・コンサルティングをされている方の話では改装費用は物件価格の20%以内に抑えることがポイントだとしています。

リノベーション費用だけではなく、家具・家電、その他設備にもお金がかかるので忘れないようにしておきましょう。


物件を購入するなら2500〜3000万円

物件を購入してシェアハウス経営する場合には、かなりの初期投資額が必要です。

初期投資は大きくし、後々の利益を大きく狙うのか?それとも小規模な投資から始めて安全な投資をしていくのか?というのは個人の投資スタイルによって様々です。

小規模で始めるなら、3,4の部屋数をイメージするのが良いでしょう。

その場合は3LDK、4LDKの戸建てもしくはマンションの購入が必要です。

購入費用も新築か中古によって大きく異なります。

さらに立地や築年数によっても異なるため一概にはどのくらいの費用がかかるというのは言えないのですが、都内でなら中古物件購入費用+リノベーション費用で2500万円〜3000万円を目安にしておくと良いでしょう。

初期投資額と後々のリターンのバランスを考えて投資することをおすすめします。

サブリースなら前家賃・敷金・礼金が必要

サブリースでシェアハウス経営するには、前家賃・敷金・礼金・リノベーション費用・設備費用などが最低限必要です。

敷金・礼金もエリアによってまちまちですが、通常は家賃の二カ月分が敷金、礼金は一カ月分が相場となります。

ただ、シェアハウスとして使用する場合には敷金の設定が高くなっていることも珍しくありません。

シェアハウスの場合は設備の消耗が激しくなることが予測されているため、仕方ないと言えば仕方ありません。

設備や改修などに関しても大家さんとの相談によって異なります。

アパートローン必勝マニュアル[AIR-AL]
ゲストハウス・シェアハウスとは
寮や下宿、ルームシェアとの違い
どんな人が住んでいる?
入居者から見たシェアハウスのメリット
入居者から見たシェアハウスのデメリット
オーナー側から見たシェアハウスのメリット
オーナー側から見たシェアハウスのデメリット
シェアハウスの社会的意義
シェアハウスオーナーになるための方法
シェアハウスになる物件
シェアハウスを始めるにはいくらかかる?
シェアハウス用物件を購入するのにローンは組める?
投資初心者にオススメの物件
今は不動産投資に参入すべき?
シェアハウス用物件はどうやって探す?
シェアハウス用物件を安く購入する裏技
利回りについて
物件内見
リノベーションのための考え方
最低限のリノベーション
女性専用か男女共用か
個室かドミトリーか
コンセプトはどうする
部屋を区切る際の注意点
水回りの数
シャワーとお風呂はどっち
リノベーション・リフォーム業者の種類
良い業者の見分け方
シェアハウス物件に強い業者
セルフリノベーション
施主による資材供給
節約グッズ
設備は何を揃えるか
リーズナブルなインテリアショップ
オープン前のシュミレーション
自主管理かアウトソーシングか
一括借上か普通賃貸管理か
良い管理業者の見分け方
シェアハウスのルールづくり
シェアハウスごとに考えたいルール
入居条件・コンセプトを固める
家賃・光熱費の設定
入居者募集の方法
入居者付でやってはいけないこと
入居者募集から入居までのステップ
入居面接のポイント
契約に必要な書類
自主管理をスムーズにする
トラブルが起きないための防御策
シェアハウス事例
競売物件を住宅ローンを使い自己資金0円で有利に取得しアパート・マンション経営を最短成功へ導きます!年間20億円の取引実績からの賃貸経営ノウハウ・自己資金0円不動産投資!他にも賃貸経営の裏技をすべて公開し、住宅ローン単体の裏技も総ページ数800ページ以上に収録されています。
リンク集
独立開業完全マニュアル マンション・戸建てクリーニング業
実働2時間!マンションをバーゲンセールで買って高く売って儲ける方法
構造欠陥マンション 見破る4つのチェックポイント!!

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
キャッシング 借りる















新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。