実録!驚きの36万円からの競売マンションらくらく獲得術

新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 

住まいの選択肢としてシェアハウスを選ぶ若者が増えています。敷金・礼金・仲介料・保証人不要で家具家電付き、引越しにお金もかからず生活コストをかけたくない若者に最適。地方から出てきた人にとっては仲間がすぐにできるのも魅力です。

サイトマップ

入居者から見たシェアハウスのメリット

より魅力的な物件にするために

シェアハウスに入居する方のほとんどは金銭的メリットではなく、他の魅力を感じて入居していることがほとんどであることは理解できたことでしょう。



入居者から見たメリットはいくつかあるので、簡単に説明していきます。

メリット@敷金・礼金がいらない

基本的に日本で賃貸住宅に住む場合には、敷金や礼金が必要になります。

敷金というのは、簡単にいえば保証金のようなものです。

借り手が家賃を支払わなくなった場合や部屋のどこかを破損させてしまった場合に貸主が現金を預かり備えているのです。

一時的に預けている物なので、家賃滞納や破損などの問題を生じることがなければ、返金されることになります。

礼金というのは、大家さんへの感謝の気持ちとして支払う謝礼のようなものです。

この考え方を採用しているのが、諸外国とは違う日本の特徴とも言えます。

敷金・礼金というものは絶対発生するという決まりがあるわけではないため、地域によっては敷金・礼金が必要ないところもあります。

首都圏では、敷金が家賃の二カ月分・礼金が家賃の一カ月分という相場があります。

家賃が高額になればなるほど、敷金・礼金も高額になるため、借主としては大変な痛手であるのは間違いありません。

それに比べ、シェアハウスでは基本的に敷金・礼金を支払う必要がありません。

デポジットという形で数万円預けておくことが多いようです。

初期費用を抑えたいと考えている入居者にとっては、有り難い仕組みになっています。

メリットA家賃が安い

シェアハウスと通常のマンションを比べると、シェアハウスの方が結果的に家賃が安くなります。

大体シェアハウスはワンルームと同等の家賃といわれていますが、設備が明らかに充実しています。

シェアをするための住まいであるため、リビングやキッチンなどは比べ物にならないほどのものが揃っているのです。

シェアハウスのように広いリビングや充実したキッチンなどは必要なく、とにかく安さを求めるならドミトリーがおすすめです。

ドミトリーは一つの部屋に二段ベッドなどが置かれており、非常にシンプルな作りです。

最低限の設備しかないため、首都圏でも2万円程度で住めるのがメリットとなります。

シェアハウスでも様々な種類があり、最近高い人気を誇るのがデザイナーズシェアハウスです。

外観や内装、インテリア、全てに関してファッション性の高いものとなっており、若い女性には大変人気です。

当然、通常のシェアハウスよりも高額になるのは間違いありません。

メリットB家具や家電がいらず、カバンひとつで引っ越せる

基本的にシェアハウスというものは、すぐに入居できるようにベッドや机などの家具、冷蔵庫に電子レンジ、洗濯機などの白物家電など、生活に必要となる物は全て備え付けであることが多いようです。

そのため、初期費用はかなり安く抑えることができるため、初めて親元を離れる人にとってはおすすめできます。

引越しの手間や労力も抑えることができ、気軽に引越しできるのも人気のポイントです。


メリットCセキュリティ面に優れている

女性が安心して一人で暮らすためには、相当なセキュリティが必要だと思われます。

もし、親元を離れて初めて一人暮らしするようなら、親御さんにとっても非常に心配になることでしょう。

アパートやマンションではいくらセキュリティが整っていたとしても、一人暮らしであることを周囲に気付かれてしまうという危険性は避けることができません。

それに比べ、シェアハウスの場合は常に誰かが家の中にいるということで、お互いがお互いを守る意識が強くなります。

どれだけセキュリティが万全なマンションだとしても、人に敵うセキュリティはありません。

ストーカー被害などを避けるために、シェアハウスに引越しされた方もいるぐらい、女性が安心して暮らせる住居なのです。

メリットD管理費の中に光熱費も含まれている

マンションやアパートの場合は、当然ながらガス・電気・水道などの光熱費を毎月支払う必要があります。

しかし、シェアハウスの場合には管理費の中に、光熱費も含まれているため、支払う必要がありません。

シェアハウスの場合は、管理費を毎月支払う事が必要であり、その額は毎月一定となっています。

そのため、シェアしている人と割れるためトラブルを避けることができます。

メリットE仲間ができる、コミュニティがある

仲間を作ること。

これは学生時代のように簡単ではありません。

学生時代には、アルバイトのスタッフやサークル・クラスなどで自然に仲間が出来てきます。

しかし、社会人になると職場の同僚とプライベートまで付き合うことは出来るだけ避けたいという心理があります。

社会人になれば、毎日同じ職場で、毎日同僚と顔を合わせる。

この繰り返しで、仲間を作ることが困難となるのです。

シェアハウスのメリットは会社などでは知りあう事の出来ない、仲間を作ることが出来ます。

一つ屋根の下で暮らすことで、一つのコミュニティが出来上がり、新しい価値観を創造することができます。

様々なメリットがある、シェアハウスですが、仲間に出会うためにシェアハウスに入居したいという方も少なくありません。

アパートローン必勝マニュアル[AIR-AL]
ゲストハウス・シェアハウスとは
寮や下宿、ルームシェアとの違い
どんな人が住んでいる?
入居者から見たシェアハウスのメリット
入居者から見たシェアハウスのデメリット
オーナー側から見たシェアハウスのメリット
オーナー側から見たシェアハウスのデメリット
シェアハウスの社会的意義
シェアハウスオーナーになるための方法
シェアハウスになる物件
シェアハウスを始めるにはいくらかかる?
シェアハウス用物件を購入するのにローンは組める?
投資初心者にオススメの物件
今は不動産投資に参入すべき?
シェアハウス用物件はどうやって探す?
シェアハウス用物件を安く購入する裏技
利回りについて
物件内見
リノベーションのための考え方
最低限のリノベーション
女性専用か男女共用か
個室かドミトリーか
コンセプトはどうする
部屋を区切る際の注意点
水回りの数
シャワーとお風呂はどっち
リノベーション・リフォーム業者の種類
良い業者の見分け方
シェアハウス物件に強い業者
セルフリノベーション
施主による資材供給
節約グッズ
設備は何を揃えるか
リーズナブルなインテリアショップ
オープン前のシュミレーション
自主管理かアウトソーシングか
一括借上か普通賃貸管理か
良い管理業者の見分け方
シェアハウスのルールづくり
シェアハウスごとに考えたいルール
入居条件・コンセプトを固める
家賃・光熱費の設定
入居者募集の方法
入居者付でやってはいけないこと
入居者募集から入居までのステップ
入居面接のポイント
契約に必要な書類
自主管理をスムーズにする
トラブルが起きないための防御策
シェアハウス事例
競売物件を住宅ローンを使い自己資金0円で有利に取得しアパート・マンション経営を最短成功へ導きます!年間20億円の取引実績からの賃貸経営ノウハウ・自己資金0円不動産投資!他にも賃貸経営の裏技をすべて公開し、住宅ローン単体の裏技も総ページ数800ページ以上に収録されています。
リンク集
独立開業完全マニュアル マンション・戸建てクリーニング業
実働2時間!マンションをバーゲンセールで買って高く売って儲ける方法
構造欠陥マンション 見破る4つのチェックポイント!!

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
セゾン ローン カード






























































新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。