実録!驚きの36万円からの競売マンションらくらく獲得術

新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 

住まいの選択肢としてシェアハウスを選ぶ若者が増えています。敷金・礼金・仲介料・保証人不要で家具家電付き、引越しにお金もかからず生活コストをかけたくない若者に最適。地方から出てきた人にとっては仲間がすぐにできるのも魅力です。

サイトマップ

オーナー側から見たシェアハウスのメリット

メリット@初期投資が安く済む

シェアハウス経営が注目されているということは、それだけのメリットがあるはずです。



通常の賃貸マンションなどに比べると、初期投資を低く抑えることができます。

まずシェアハウスは設備や空間を共有することが特徴になるため、リビング・キッチン・お風呂・トイレ・洗面所などを一つに集約できることで施工費用を抑えることができます。

一人ぐらい用の賃貸マンションであれば5部屋なら、当然それぞれ5つの設備を購入し、工事しなければなりません。

シェアハウスの場合、5人で暮らせる部屋を一つ作れば、全ての設備を一つで賄う事が出来るのです。

実際、シェアハウスのほとんどは中古物件であり、それをリノベーションして活用しています。

一軒家を改修するため、土地も上手く活用され初期投資を低く抑えながら収益を確保することができるのです。

メリットA収益性が高い

物件で収益性を高くするには、やはり効率的に空間が活用されていなければなりません。

例えば、20坪の土地に3階建てビルを建築したとします。

もし、ファミリー層をターゲットにした場合2LDKもしくは3LDKとなり、3戸ぐらいになります。

ワンルームの場合なら、その倍の6戸。

シェアハウスの場合は、キッチンやリビング、お風呂などを一つに集約することが出来るため、12戸位は確保出来るでしょう。

現状ではシェアハウスとワンルームの家賃はかなり近くなっており、もし貸し出しで収益を上げるならシェアハウスの方が2倍ほど高くなると考えられます。

シェアハウスよりも家賃を低く抑え、最低限の設備しか整えないドミトリーを貸し出した場合は、普通の戸建て賃貸よりも4〜5倍の収益が期待できます。

ドミトリーは部屋の中に二段ベッドなどを置いて、必要最低限の設備しか整えないため初期投資をかなり低く抑えることができるので、収益性には優れているのです。

ドミトリーも一応シェアハウスという位置づけにされることもあります。

シェアハウスとアパート・マンションを二つに分けた場合、圧倒的にシェアハウスの方が投資では有利だと考えられます。

メリットB空室リスクが少なく、稼働率が高い

賃貸経営では稼働率を高くするのもポイントとなります。

稼働率というのは、全部屋に対してどれだけの人が入居しているかという割合を示します。

極端な例をあげますと、全部屋に入居者がいた場合、全ての方が退去すれば稼働率100%→0%と移行します。

稼働率を高く保たなければ、家賃が入らないのにも関わらず管理費や修繕積立金などの経費が発生するだけになります。

ワンルームマンションの場合、一気に退去されて稼働率が落ち込んでしまう危険性は否定できません。

しかし、シェアハウスの場合は10人の内1人が抜けたとしても、稼働率は10%しか低下しないという計算になります。

空室リスクが分散できる点では、シェアハウスの方が有利だといえるのです。

現状では都心部のワンルームマンションの借り手は少なくなっています。

それは大した部屋でもないのに、家賃だけが高額という問題点があるからです。

それに比べ、シェアハウスの場合にはワンルームマンションと変わらない家賃で快適な暮らしをすることができます。

ただ、シェアハウスの需要に対し、供給が追い付いていない状態であるのが、今後の課題と言えるでしょう。


メリットC募集コストが安い

通常、マンションやアパートなどの入居者を探すためには、近隣の不動産屋に依頼するのが一般的となっています。

ただ、その場合は不動産屋に足を運んでこられたお客様にしか紹介されないため、非常に入居者が決まりにくいという難点があります。

最近では、幅広いお客様に情報を知らせるために、住宅ポータルサイトなどに広告掲載をするという方法を取る方も少なくありません。

「SUUMO」や「ホームズ」、「アットホーム」「ヤフー不動産」などが代表的なものとなります。

しかし、この場合は広告掲載費というコストがかかってしまうため、リスクが高いともいえます。

これだけポータルサイトが増えてしまうと、広告掲載に関して力が分散されてしまうため必ずしも効果があるとは言えないのです。

その点、シェアハウスの場合では媒体が限定されているため、募集コストを低く抑えながらも入居者を集めることが容易となります。

メリットD工夫の余地があって楽しい!

シェアハウス経営の場合、住居という「ハード面」だけを提供すれば上手くいくというものではありません。

「ソフト面」も非常に重要であり、どんなコンセプトでどのような方をターゲットにするのか?

トラブルを最小限に抑えるためのリスク管理、ルール化の徹底など管理運営面に関して、考えることは山積みです。

コンセプトがはっきりしていればしているほど、そのコンセプトに沿ったイベントを開催するなどシェアハウスの強いコミュニティを作ることができます。

むしろ、ハード面よりもソフト面で稼働率や定着率が決定づけられると言っても過言ではありません。

アパート・マンションの場合は建物以外に準備する物はエアコンやインターネット環境を整えることぐらいです。

しかし、シェアハウスの場合には家具・家電・インテリア全般のコーディネートなどセンスも重要となります。

センス一つで入居者の質にも影響してくるので、しっかりと計画を立てた上で工夫を凝らしていきましょう。

アパートローン必勝マニュアル[AIR-AL]
ゲストハウス・シェアハウスとは
寮や下宿、ルームシェアとの違い
どんな人が住んでいる?
入居者から見たシェアハウスのメリット
入居者から見たシェアハウスのデメリット
オーナー側から見たシェアハウスのメリット
オーナー側から見たシェアハウスのデメリット
シェアハウスの社会的意義
シェアハウスオーナーになるための方法
シェアハウスになる物件
シェアハウスを始めるにはいくらかかる?
シェアハウス用物件を購入するのにローンは組める?
投資初心者にオススメの物件
今は不動産投資に参入すべき?
シェアハウス用物件はどうやって探す?
シェアハウス用物件を安く購入する裏技
利回りについて
物件内見
リノベーションのための考え方
最低限のリノベーション
女性専用か男女共用か
個室かドミトリーか
コンセプトはどうする
部屋を区切る際の注意点
水回りの数
シャワーとお風呂はどっち
リノベーション・リフォーム業者の種類
良い業者の見分け方
シェアハウス物件に強い業者
セルフリノベーション
施主による資材供給
節約グッズ
設備は何を揃えるか
リーズナブルなインテリアショップ
オープン前のシュミレーション
自主管理かアウトソーシングか
一括借上か普通賃貸管理か
良い管理業者の見分け方
シェアハウスのルールづくり
シェアハウスごとに考えたいルール
入居条件・コンセプトを固める
家賃・光熱費の設定
入居者募集の方法
入居者付でやってはいけないこと
入居者募集から入居までのステップ
入居面接のポイント
契約に必要な書類
自主管理をスムーズにする
トラブルが起きないための防御策
シェアハウス事例
競売物件を住宅ローンを使い自己資金0円で有利に取得しアパート・マンション経営を最短成功へ導きます!年間20億円の取引実績からの賃貸経営ノウハウ・自己資金0円不動産投資!他にも賃貸経営の裏技をすべて公開し、住宅ローン単体の裏技も総ページ数800ページ以上に収録されています。
リンク集
独立開業完全マニュアル マンション・戸建てクリーニング業
実働2時間!マンションをバーゲンセールで買って高く売って儲ける方法
構造欠陥マンション 見破る4つのチェックポイント!!

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
借入 シミュレーション



























































新不動産投資シェアハウスとは〜これからはアパートでもマンションでもない〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。